自分への「ラベリング」はホントじゃない。

仕事でうまくいかなくて
自分のことが好きになれないなあ、いけてないなぁと
思うこと、ありますよね。

今日は、そんなあなたに小さなヒントです。

ご自分に当てはまる具体的な思いを1つご用意いただきながら
まずは、A子さんのお話を読んでみてください。

できない自分が嫌い

ここでは話をわかりやすくするために
A子さんが
「私はみんなに迷惑をかけている」と悩んでいる、
としましょう。(特定の事例ではありません)

最初の質問。

  • わたし:最近だと、どんな時にそう思いましたか
  • A子さん:昨日、仕事をしていた時に上司が来て、
    私が作業を終えてない分の半分をBさんに振り分けちゃったんです。
    私があんまりにも時間かかるものだから、いつも迷惑かけてて….

というわけで、ここで1つA子さんに確認の質問です。

  • わたし:上司の方、実際にA子さんのこと
    「時間がかかって迷惑だ」とかおっしゃってました
  • A子さん:実際にはそんなことは言いません。
  • わたし:じゃあ上司の方、実際どんなことなさったんですか
  • A子さん:「終わってないようだから、Bさんにも手伝ってもらおうか」って、
    口調はやさしかったです。でも心の中でそう思っているに決まってます。

私たちは気づかないうちに自分をジャッジしている

「心の中でそう思っているに決まっている」
結構こういうことありますね。
でも、上司の心の中は、ご本人にきいてみないとわからないですね。

A子さんのなかでは、
上司が「終わってないようだから、Bさんにも手伝ってもらおうか」と
仕事を振り分けなおしたことが
「迷惑をかけた」ことになってしまっています。
上司はひとことも「時間がかかって迷惑」と言っていません。

このように、
明らかにご本人が相手の気持ちを推測しているような時
私はご本人が自分自身に対して
どう思っているのかを確認します。

  • わたし:「心の中で”時間がかかって迷惑”と思っているに決まっているー
    というのはあなた自身が思われていることですよね。
    ご自分で、自分の仕事の仕方を「時間がかかっている」と思われてますか?

たいてい、答えは yes です。

「そうは思いたくはないけれど」
「そんな自分は本当に情けないけど」といった枕詞がつくこともありますが。

実際におきたことは、
A子さんが xx時間、自分の仕事をして、○○ぐらい終わった。
上司が「終わってないようだから、Bさんにも手伝ってもらおうか」といって、
残りの分をBさんに割り振った。
といったことでしょう。

A子さんは自分の仕事のスピードに対して
「快調に進んでいる」とは思っていません。
「時間がかかっている」とちょっと否定的なジャッジしています。

この「ジャッジ」を「ラベル貼り」と言い換えてみましょうか。

「ラベル」は「ラベル」。あなたは、あなた。

私たちは「こうだといいな」と思っていたことが、
その通り(以上)に運ばないと、凹みます。

A子さんが
「終わってないようだから、Bさんにも手伝ってもらおうか」
と 言われたことに凹むのは、
自分の仕事の仕方に対して 「時間がかかって、うまくやれていない」と
ラベルを貼っているからです。

こんなふうに 自分のやってることに
「うまくやれてない」と ラベルを貼るだけでも凹みますが、
結構凹んでいるときは
無意識のうちに「できなかった自分」そのものに
「ダメ」とラベルを貼っています。

わかりやすい言い方をすれば
「ダメなことしちゃった私はダメ」という
「ダメ」ラベルの二重貼りです。

A子さんの例でおわかりいただけたかと思いますが
私たちは無意識に、些細なことにラベル貼りをしています。

ラベル貼りは自分自身だけでなく、他人に対してもやっています。
相手や状況に対して
「これはおかしい」「ああしてほしい」
「あいつはだめだ…」などなど
たくさんコメントしてますよね。

あなたは、あなたの都合で「ラベル貼り」をしているように
他人は、他人の都合で「ラベル貼り」をしています。

世の中は、ラベルの貼りあいっこ。

しんどいときは、自分自身へ
いけてない「ラベル貼り」が たくさん増えている状態です。

でも、それは「ラベル」であって、「あなた」ではありません。
あなたが、あなた自身に対して貼ったラベルであったとしても、
それは「ラベル」であって「あなた」そのものではありません

あなたが、自分自身に「私はダメだ」という
ラベルを貼ったとしても
それは「私がダメだ」というラベルが貼られただけのことで
あなたが「ダメ」ということではないのです。

なにも「ホント」ではない。 ラベルはラベル、あなたはあなた、です。

さあ、あなたの番です。

さあ、ここまできたら、あなたの番です。 小さなエクササイズを準備しました。

  • 自分自身に対して、「私は〜でダメ」という言葉を作るとしたら 「〜」にはどんな言葉が入りますか?
  • 「〜」の言葉が見つかったら、それを「付箋紙」に書いてみてください。
  • その付箋紙を、自分に貼って、鏡をみてみてください。
  • そのあと剥がして、また鏡をみてみてください。
  • どんな気がしますか?

そんなことじゃ楽にならないよ…という声もきこえそうです。
そんな方には、また別のお話をお届けしようと思います。

それでは、みなさま、ごきげんよう。
自分にやさしく お過ごしください。

コメントを残す