やろうと思ってても、できないのはなぜ? part 2

やろうと思っていても、できないのはなぜ? - その理由は3つ! と前回のブログで書きましたが、4つ目を思い出しました。

これです。

4. やろうとしていることに、様々な「思考(特に”べき”)」がくっついている

やろうとしていることに関して、様々な「べき」がついていて身動きが取れなくなっている状態です。これは案外と多い。私もよくやっております。

たとえば、食事作り。私は一時期三度の食事を作るのが本当に嫌で憂鬱でした。

キッチンに立つのもスーパーに買い物に行くのも本当に嫌でした。「さっさとやればいいのに、できない」という状態。まいにち「しぶしぶ」料理をするのです。

で、そこで食事作りについてどんな風に自分が考えているか書き出してみました。

そうしたら

  • 添加物や加工品は避ける、旬のものを買う(体に悪い)
  • 乳製品はダメ。
  • できればその日の特売商品を買う。(お金がもったいない)
  • 食材を無駄にしてはいけない。(命を粗末にしてしまう)
  • バランスのとれたメニュー(体にいいから)
  • おいしくつくる(まずい料理は作っちゃいけない)
  • できたてを家族にだす。(温め直しはしない。家族の帰宅時間にあわせて料理をする)

などがでてきたのです。

書き出して、改めて自分に驚きました。料理をやろうとする瞬間に、これらをすべてクリアしなければ、と思っているんだから、やりたくないわけです。「私は主婦だから料理をしなければいけない」という思いがあるので、結局やってたけどさ(笑)。

こうしたことに気づいた時、「そりゃあ、疲れるな」と少し楽になりました。

自分を苦しめる「べき」に気づいたら

「べき」をみつけたら、じゃあどうするの?となりますね。

私のオススメは、いったん、その「べき」を守り続けていた自分を労ってあげるということです。「そんな大変なことしてたんだね」とか「おつかれさま」とかハートに語りかけてみてもいいかもしれません。ハートがゆるんだら、その「べき」を続けるかどうか自ずから決まることも多いです。

一方、「べき」がみつかっても、自分をねぎらっても「そんなこといったって、これは世界の常識でしょ。当たり前でしょ」みたいにがっつり、その「べき」を信じていることもある。こういう時は、あんまり楽にならないかと思います。

こんなときは、潜在意識の奥にこの「べき」を支えている下の思いや感情があります。
これがみつかっていないから、楽にならないんですね。

食事作りで私にとって「当たり前」というくらい真実味の高く、ハートもまったくゆるむ感じがしなかったのは

「添加物や加工品は避ける(べき)、旬のものを買う(べき)。体に悪いから」でした。

細かいプロセスについては割愛しますが、これを丁寧にみていったら

  • 「私は健康でなければいけない」
  • 「健康的でない私はダメ」

という思いに出会いました。
出会った、というよりも、当たり前すぎて見過ごしていました。

(丁寧にみていったプロセスについて知りたい人は、コメント欄やメールなどでリクエストしてください。多かったら考える:笑)

私は健康でない自分を許していなかったんですね。

何度かセッションを続けて「健康でない自分」で大丈夫だな、と思えるようになった時、一番変わったのは「食事が楽しい」ということでした。それまで「健康でいるために、食べたくないものを餌のように体につめこんでいた」感覚で食事をしていたことにすら気づいていなかったのでした。

いまでも食事作りは嫌いですが、だいぶゆるゆるとできるようになってます(笑)。ロハス、オーガニック、マクロビなどカラダによさげな食べ物のお話を見聞きしても、うっすらあった「私もやらなきゃ」「私はできていない」という自分自身への責めの思いは消えて、「楽しそうでいいね」と暖かい気持ちで見てあげれるようになりました。ちなみに、この思いがゆるんだからといっても、別に添加物や加工品をジャンキーのように食べているわけでもありません。

「添加物や加工品を食べていいことにして、食事作りのストレス減らそう♪」と行動をゆるめたところで、なかなかココロはついていきません。見てあげるべきポイントは「健康でない自分はダメ」のほうだった、ということです。

最近はビリーフという言葉も知られるようになり、「ビリーフには気づいているけれど楽にならない」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、これはもう少し下の思いや感情を探してあげれてないんです。
こんなふうに「べき」が手放せない時は、必ずその下に恐れが潜んでいますし、それを解放してあげればやっぱり楽になって、行動は変わって、生きやすくなります。

あ、結局、前回かいた「3. 潜在意識に気づいていない恐れが潜んでいる」と着地点は一緒かも?
「やろうと思ってできない理由」はやっぱり3つ、でいいかな? 言い訳です、はい(笑)。

 


写真はエゲレスのRoyal Warrant (王室御用達、みたいなもの)ジャム、Wilkin & Sons。
イギリスに住んでいた頃、ここの「しょうがジャム」が私のお気に入りでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中