今年は”解” -「じぶん」の解体、「らしさ」からの解放

写真は 2016年元旦の東京の空です


遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

クマの年末年始のお休みが大晦日と元旦だけだったので、
なんとなく我が家は

「2日間連休があった」というだけで

お正月気分はほとんどありませんでした。

年越しそば、おせち、お雑煮、という
お正月らしい食べ物は食しましたが、
「明日から仕事」という気持ちだと
なかなか正月らしいノリはでてこないものです。

「正月らしさ」からズレている感覚にとどまっているうち、
ふと「あらゆる”らしさ”は
本当にただの思考(想念/観念)なんだなぁ」と
しみじみ思い、
大笑いしてしまいました。

「ただの1日」に、
いろんな「正月らしさ」をくっつけていたことに気づいたのです。

「らしさ」というのは、
「その物事の基準となる思考」といえましょう。

といっても数値化されているわけではなく、
人それぞれの心の中に
なんとなく存在しているだけです。

たとえば私には
「すまし汁+焼いた角餅」が「正月の雑煮らしさ」ですが、

クマは
「味噌仕立て+丸餅」が「正月の雑煮らしさ」です。

こうやって「らしさ」の違いが目に見えることもありますが、
私たちは違いに気づいてないまま過ごしていることもたくさんあって、
だから「誤解」なんてものが生まれるわけです。

そして多くの現代人が今結構手を焼いているのは、
「自分らしさ」という思考かもしれない-
という思いが湧いてきました。

年齢、立場、職業などなど、世の中にある(と思われている)
様々な「らしさ」に身を任せているうちに
「自分らしさ」を置くスペースが
心の中になくなってしまっている人が多いのでしょう。

かくいう私もずいぶんと長いこと
「自分らしくありたいなあ」と願っていました。

ただ、今になって、

ただ生きづらかっただけで、
「自分らしくありたい」のではなく、
私は単に快適なこと、好きなことをして
自由に、豊かに、伸びやかに生きたかっただけなのだとわかりました。

というのは、
どこをどう探しても「自分らしさ」というものが
結局全くわからなかったのです。
いったい誰がどう決めているのだろうと。

そして、自分の経験から、
生きづらさを感じているときは
「自分らしさ」を未来や外の世界に探し求めるよりも、
むしろ生きづらさの正体をみつけるほうが
早く楽になれるなあと思うのです。

様々な「らしさ」、
特に自分が無意識レベルで纏っている
偽りの「私らしさ」という鎧をはずし、
一番見たくない(人に見せたくない)「自分像」をみつけると、
さっさと楽になる(ある意味「自分らしくなれる」)のです。

例えば、「私はバカな人」という思いが心の奥深くにあれば、
「バカじゃない人」になろうと懸命に勉強するでしょう。

自分に「バカ」を許していないので、
他人の「バカ」がも許せなくていらいらするでしょうね。

またバカじゃダメなので
バカの逆、「知的」に見えるファッションを好んだり、
知的そうな職業につくかもしれません。

また「バカな私」に直面したくないので
「知的な私」のほうが「自分らしさ」だと思ったりして
いつも知的な自分を装う。

本人気づいていないかもしれませんが
心の奥底では
慢性的に「バカな私」にダメ出しをしている
自己否定状態ですから、とてもしんどくなります。

一番大切なのは、
ずっとダメだししている自己像(という思い)を
潜在意識のなかからとりあげてあげること、

そして、それは単なる「思い」で全く真実ではないということを
真に理解することです。
(上の例でいえば「「私はバカだ」、という思い)

これが「ただの思い」であると腑に落ちた瞬間、
心は軽くなり、世界はガラッと変わって見えます。

偽りの「私らしさ」という鎧をみつけて、
その奥に隠された自己像(セルフイメージ)が真実ではないことを理解するプロセスは、
潜在意識の中にある
「わたし」と「わたし」にまつわる思考を
1つ1つみつけては解体していく作業になります。

私がセッションでやっているのは、基本的にこの作業です。

なぜなら、あらゆる苦しみは
エゴを守ろうとすることから始っているからです。

途中のプロセスにおいて、「過去を癒す」とか
「傷ついた心を癒す」といったステップは
もちろんありますが、
私のセッションの場合、実はそこにゴールをおいていないのです。

「エゴの解体」は「苦しみの終わり」へのプロセス、
言い換えれば「癒し」のプロセスです。

「解体」というと即物的な響きで、
「癒し」という言葉と全然マッチしないと思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが(笑)。

(なぜか私は「解体」というとビルとマグロと解体新書が浮かぶのです〜。あはは)

まあそんなわけで、
今年も、自分自身を含め
「らしさ」という呪縛からの解放、
「じぶん」の解体をやっていこうかなと思うのでした。

本年もどうぞよろしくお願いします。

というわけで、今年の私のキーワードは「解」。

「解放」「解体」「解く」。うふふ。

。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

【満員御礼!】

自分に寄り添い見つめる「掘り下げ」プライベートレッスン

おかげさまでモニターは満席となりました。

次回の募集開始は2016年4〜5月を予定しております。

優先案内のお知らせをご希望の方はこちらまで→ 

。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。。°。°。°。°。°。°。°。゜。

 

セッションご予約可能日情報】~3月のご予約受付中〜

(updated : 2016.2.14)

~ 楽になりたい、それは自分と向き合うチャンス。

インテグレイテッド心理学をベースにした

問いかけセッション+セラピーです ~

 

⭐️2月のご予約はすべて埋まりました。ありがとうございます⭐️。下記お申し込みフォームより希望日時を

2~3候補お書き添えの上どうぞ!。

今からですと3月中旬以降のご予約ですと比較的とりやすいです。

お申し込みはこちらから >>

セッションの詳細についてはこちらから >> 
お問い合わせいただいている間にご予約が埋まることもございます。

事前にご了承くださいませ。

今年は”解” -「じぶん」の解体、「らしさ」からの解放」への1件のフィードバック

コメントを残す